不動産担保ローンで事業の継続が可能となりました

金利負担も下げられ完済の目途もついて事業継続中

やはり、事業においては続けるという事が大きな意味があるので、この続けてきた事によってお客さんの信用を獲得出来てきた事が大きいと実感しています。
特に厳しい時期を乗り切ったことで、自分にも自信が出てきた事が分かります。
やはり、厳しい時期を乗り切ったという実感がありますから、今は特に困難な事があっても、昔のそれとは比較にならないという感じで乗り切る事が出来る様にもなりました。
ある意味ではこの不動産担保ローンを契約した時が最も厳しい時期だったと感じられますから、自分としては上手く乗り切る事が出来てほっとしているというところもあります。
実感として感じるのは、やはり金利を安くしたことが上手くいった最大の理由と考えていいでしょう。

とにかく負担が少ないという事は、それだけ事業への影響も少なくなるという事になります。
当たり前の事ですが、お客さんの反応は一円でも安い事で、大きく変わってしまいます。
特に値上げをするというような時には、大幅な顧客源を考えなければなりませんから、金利負担分を価格に入れてしまうという事はまずビジネスでは避けなければならない事でした。
実際に今でもち、ほとんどの料金はこの不動産担保ローンを契約する前と同じ価格でサービスを提供していますから、それでこの事業が継続出来ているという実感があります。

数年前自営業の資金が足りず不動産担保ローン利用 | 金利負担も下げられ完済の目途もついて事業継続中 | 金利を抑えたことで価格を上げずに事業を継続できた | 治療費を不動産担保ローンで賄えました