不動産担保ローンで事業の継続が可能となりました

数年前自営業の資金が足りず不動産担保ローン利用

数年前自営業の資金が足りず不動産担保ローン利用 | 金利負担も下げられ完済の目途もついて事業継続中 | 金利を抑えたことで価格を上げずに事業を継続できた | 治療費を不動産担保ローンで賄えました

数年前の事ではありますが、自営業の資金が足りなくなったことがあって、その時に不動産担保ローンを利用しました。
他にはいい選択肢を考える事が出来なかったという事がありますが、店舗に使用している不動産でもありましたから、事業を継続することが出来ないのであれば、別に問題は無いという事もあったからです。
事業が出来ないのであれば、当然の事ながら、そのお店も売却するという事を考えなければならないわけで、それならばリスクは殆ど同じという事になります。
逆に不動産担保ローンの場合は金利負担を交渉して下げる事が出来るという事もありましたから、それならば利用すべきというように考える事も出来ました。
実際に不動産を担保に出しても良いという事を金融機関に伝えると、金融機関の対応が一気に変わるという事を実感しましたから、これを交渉の武器にして安い金利を提示してくれたところを利用するという事が出来て、負担を軽減することが出来た事は、今の事業の継続につながったと感じています。
不動産担保ローンを上手く活用することが出来たという事が言えるのかもしれません。
今でもローンの返済は続いているのですが、既に数年間の実績もあるので、関西のめども付いていて、後一年少しで返済も終了するというところまで来ています。

不動産担保ローン不動産担保ローン低金利